羽鳥商店

GO羽鳥(マミヤ狂四郎)の自由帳。

【オレ流メンタルの上げ方その2】音楽の海に素潜りして、心の水槽を循環させる

f:id:gohatori:20191214113328j:image

どーも気持ちが低空飛行。

やる気なしの、停滞気味。

もしも心が水槽ならば、水流がなくて水が腐り始めているような感じがする。

そんな時、私がいつもやってるのは「新しい音楽の発見」だ。

 

海に出る。

音楽の海に素潜りして、心の一曲を探すのだ。

単に新しい曲ではない。

心のミットに「バシーンッ!」と入ってくる、直球ど真ん中ストレート的な一曲だ。

その後、人生のプレイリストに入るであろうレベルの一曲。

かつ、これまで聞いたことのない新しい一曲。

それを常に探しているのだ。

貪欲に。

海に素潜りしてホタテの中の真珠を探すがごとく。

 

海への素潜りでよく使うのが、SoundCloudとYouTube。

気になるアーティストの新曲を探したり、そのアーティストと繋がってるアーティストを探したり、音楽チャンネルを探したり、気になるキーワードで探したり……闇雲かつ、芋づる式に探していく。

 

DJが曲と曲を紡いだ長い長い一曲の中の、とあるポイントだけをShazamで特定するなんてともある。

 

そんなことをしていたら、100曲に一曲、いや、1000曲に一曲くらいは「キターーーッ!」って曲に巡り合えるのだ。

そうなったらもうハッピー。

オッパッピーどころのテンションではない。

メンタル爆上げ。

心の調子は宇宙に向けて急上昇ってな感じである。

 

死ぬほどループ。

飽きるまでループ。

まるまる1日聞くことなんてザラ。

1週間そればっかり聞き続けるなんてことも、しょっちゅうだ。

そして、それが落ち着いたら、また海に潜って心に響く一曲を探しにいく……の繰り返し。

 

心の水槽の水は、常に流れている状態が望ましい。

常に新しい水を取り入れて。

源泉掛け流しスタイルだ。

 

究極の源泉宿73――誰も書かない“源泉かけ流し"の真実(祥伝社新書462)

究極の源泉宿73――誰も書かない“源泉かけ流し"の真実(祥伝社新書462)

 
源泉かけ流し、たった1%の真実―源泉探検隊イチ押しここが違う!!5ツ星源泉宿

源泉かけ流し、たった1%の真実―源泉探検隊イチ押しここが違う!!5ツ星源泉宿

  • 作者:小森 威典
  • 出版社/メーカー: ビックサクセス
  • 発売日: 2005/05/01
  • メディア: 単行本