羽鳥商店

GO羽鳥(マミヤ狂四郎)の自由帳。

正月女装が終わってヅラを脱ぐときの、ちょっぴり切ない複雑な気持ち

f:id:gohatori:20200105125043j:image

正月に女装をするようになってから数年経つけど、いつもヅラを脱ぐ時は、なんとも複雑な気持ちになる。

 

脱いだら終わる。

正直、寂しい。

祭りが終わるような感覚だ。

 

でもいつまでも女装しているわけにもいかない。

 

6つも福袋を買ってファッションショーをしたということは、最低でも6つの福袋記事を書かなきゃならないということ。

しかも、ケツは決まってる。

ほぼ24時間以内に6本。

だからチンタラしてるヒマはない。

 

さらに言うなら、長時間の女装は体にも良くない。

カラコン入れてるから目にも良くないし、ヅラがムレて頭皮にも良くない。

メイクも肌に良いわけない。

 

つまるところ、何かしらの健康的リスクを冒しながら女装をしているのだ。

 

朝はやくからメイクして、昼前からひとり黙々とファッションショー。

1ミリでも可愛らしく写ろうと、全力で自撮りし続けること6時間。

我ながらパワーの注ぎ方は尋常ではない。

きっと、この時は、輝いている。

あまりの熱量に光を放っている気さえする。

まるで寿命を終えようとする星の最後みたいに。

 

撮影後。

 

今年もなかなかヅラを脱げなかった。

名残惜しくて脱げなかった。

でも、1秒、1秒と時が経つにつれ、頭皮や瞳や肌や体に蓄積されるダメージのことを考えると……!

 

なんともやりきれない気持ちになる。

 

終わりを決意してヅラを脱ぐと、鏡の向こうには、化粧したオッサン(40)が映っていた。

あまりの落差に泣いちゃいそうだが、それを断ち切るように、

 

「よしっ、片付けるか!」

 

とつぶやいた。

あえて男らしくつぶやいた。

気持ちのギアを切り替えるように。