羽鳥商店

GO羽鳥(マミヤ狂四郎)の自由帳。

AGA治療薬、虫の味がする

f:id:gohatori:20200107084119j:image

AGA治療薬を飲む時、いつも「どっかで食べたことある味だな……」と思っていた。

3種類あるうちの1種類が、独特な味なのだ。

決して良い印象のない味。

ニオイとでも言おうか。

口の中に入れた瞬間に、ぱぁ〜っと広がるデジャブな風味。

なんだろう……。

これなんだろう……と疑問に思っていたのだが、ついに今日、記憶と味が合致した!

 

虫の味だ、と。

 

これ、虫の味。

ゴキブリ含め、いろんな虫を食べた私が言うのだから間違いない。

虫は虫でも、特定の虫の味というわけではなく、「全体的な虫の味」とでも言おうか。

虫ベースというか。

虫ダシとでも言おうか。

全体的に虫ってのは、この「虫ダシ」が入ってるよね的な。

 

だとしたらコオロギとかかな?

 

と思う人がいるだろうけど、それは違う。

コオロギは、その虫の味が極めて薄い(ほぼない)から普通に美味しく食べられるわけで。

同じような形をしているコオロギも虫味は少なめ。

しかし、バッタとなると、ほんのり虫味が強くなる。

 

私の少ない昆虫食の経験上、最も虫味が強いのは「カイコのサナギ」かなと思っている。

虫味濃縮、みたいな。

韓国では缶詰も売っているみたいだけど、私は無理。

すっごい苦手。

 

ともあれ、AGA治療薬の中に、虫味を感じるヤツが紛れてる。

どいつが犯人かの課は、あした飲む時に調べよう。

服用量、守らないとね。

 

[サンミ] かいこ(ボンデギ) (130g)